FC2ブログ

「応援したい会社」プロジェクト

社会に必要とされる「応援したい会社」と「働くことで成長したい若者」をつなぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロジェクトが大切にしている価値観(その3)「「物事の当たり前の前提と考えられていること」を常に問い直しの対象にしていく」

「応援したい会社」プロジェクトでは、7つの価値観(ものの見方・考え方)を大切にしています。それらは、スコラ・コンサルト創業者である柴田昌治のDNAが基軸になっています。順次それらを紹介していきたいと思います。

今日は三つめの価値観です。ここからはまず柴田の言葉をそのまま載せます。
========================
何事を考えていくときも、「物事の当たり前の前提と考えられていること」を常に問い直しの対象にしていく、という姿勢である。
前提を固定化してしまうことで思考の範囲が狭まり、創造的な発想が制限されてしまうことが多いからだ。特に「そんなことは不可能だ」と思い込んでいるものは、無意識のうちに前提に置いてしまっている制約条件を顕在化させ、それを見直すことで可能になっていくことがあることを忘れてはならない。
=========================


「難しい」「できない」「それが常識だ」という空気が流れ始めたら、チャンスだと思うように心掛けています。新しい何かが生まれる可能性が潜んでいると思うからです。
「不可能を可能にする」「常識を覆す」ことができれば、他と違うものが生まれるはずです。
そういう前提(不可能や常識という思い込み)を「疑う」ことで、真正面からではなく、捉え方を変えたりすることができます。

例えば、就職活動における、学生さんの一括エントリー。
たくさんの会社に一気にエントリーできて便利!
会社も母集団を増やせて、WIN-WIN!

シンプルにいえば、いま、そんな常識が世の中にはあると感じます。

・・・そもそも、本当にWIN-WINですか?

一括エントリーは、学生の「思考停止」を促進してしまっている。

さらには、母集団を増やすことは会社の手間を増やしているだけでなく、「無味乾燥に書類だけで不採用にされる人(=人格否定されたと感じてしまう人)」を増やしている。

これは誰を幸せにするのか。疑問です。

世の中には、こういった矛盾がたくさんあります。

矛盾は、前提を疑うことから、見えてきます。

矛盾が、大きな原動力になる時代です。

このサイトで発信していく情報も、きれいな情報だけでを流すのではなく、当たり前と思われている前提を疑っていきたいと思います。

プロセスデザイナー 與良昌浩
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

  1. 2012/09/25(火) 07:30:24|
  2. メンバーコラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ouenshitaikaisha.blog.fc2.com/tb.php/7-9dfe3d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。