「応援したい会社」プロジェクト

社会に必要とされる「応援したい会社」と「働くことで成長したい若者」をつなぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「応援したい会社」訪問記Vol.1 【 株式会社うるる 】 ~在宅ワークを新しい働き方に~

3000人の社会人から教えてもらった「応援したい会社」のなかから、「この会社に話をきいてみたいな!」とメンバーが感じた会社を訪問しています。

まずは記念すべきひとつめの会社「株式会社うるる」さんのレポートです。

<基本情報>
会社名   株式会社うるる 
所在地   東京都中央区勝どき
設立    2001年8月
従業員数  50人
事業内容  電子化(Digitalize)
      BPOデータ入力サービスやBPOスキャニングサービスなど
      マッチング(matching)
      在宅ワークマッチングサービスや日中BtoBマッチングなど
      集約(Collecting)
      入札情報速報サービスや幼稚園・保育園こだわりナビなど
URL    http://www.uluru.biz/


<「応援したい」会社情報(アンケートの結果情報)>
回答者のこの会社との関係性
  :取引先(うるる様のお客様が回答してくださいました)
応援したい度  : 4.5
この会社の良さ 
「仕事で、データ入力を外部に委託するときに最終的に選定した。大きな会社ではないが、データ入力に必要な情報を細かく把握し、柔軟な値段設定をしてくれた。(そもそも、その値段設定前も、他社に比べて、安めの価格設定だった)」

うるる①


<訪問記(2012年8月22日)>

8月22日、管理部長の志村様のところに、プロジェクトメンバーの谷田と大東文化大学4年生の田沼恵理子さんと私(與良)の3人で訪問してお話を伺ってきました。

うるる社の信念は

「世界に期待され、応援される企業であれ」

であり、まさに「応援したい会社プロジェクト」に最適な会社さんじゃないか!ということで、楽しみにして訪問してきました。

当日、志村さんからお話を伺い、この会社および事業の生い立ちにとても共感しました。

「在宅ワークマッチングサービスshufti(シュフティ)は、在宅ワークを派遣やアルバイトに替わる新しい働き方として確立すべく、国内1千万人、世界1億人の在宅ワーカーの就労機会の創出を目指して運営しています」

とホームページにもあるのですが、実際にお話をお伺いしてみても、「社会課題を解決する」という強い気持ちが伝わり、純粋に「応援したいな」と私には思えました。


それでは、一緒に同行したメンバーの谷田が書いてくれた感想レポートからです。

=========== ここから ==========

「応援したい会社」に名前の挙がった会社で訪問がかなった第1号は、中央区勝どきにある「うるる」さん。相当早めに最寄りの駅に集合したのに、3人とも土地勘がなくて遭難してしまい、おまわりさん4人の力を借りてようやくたどり着きました。

 まだ若い会社ですが、インターネットを活用した在宅ワークのマッチングサービスで新しい働き方と働く機会を創造しています。

労働形態の多様化をすすめる国の技能・スキル取得支援などの助成も追い風になり、ネット社会の特性をフルに生かした需要創造型のビジネスですが、業種としての在宅ワークというと、数年前まではスキルを習得するための高い教材を会社から買わされたりするケースが多く、うるるさんも最初は警戒されて苦労されたようです。
でも、そんなところで稼ぐような商売はしないという近代性は、創業社長の「うそをつかない、悪いことをしない」という企業姿勢にも表われています。

それだけではなく「知らないことは知らない」「できないことはできない」とはっきり言うのが社長の人柄だろう。志村さんもそうですが、そこにひかれて入社する社員が大半だから「みんな正直でうそをつかない会社」。当たり前のことのようですが、会社を主語にしてそう言えることのすがすがしさを感じます。

 若くて頑張りたい人にとっては、いい会社ですよと志村さん。

 そういう文化が求心力になっているために、まだ小さな会社ですが採用に関してはひと筋の意思を感じます。
学生との採用面接でも「無理に来てくれとは言わない」。採用を形式的にやらない。会社のほうも公式見解のようなきれいな情報ばかりを見せるのではなく、自分の言葉でありのままを伝える。バラつき大いにけっこうというスタンスです。
想定問答が面接だと思っている学生には、もっと働くことや会社に対して考えたほうがいいよと、「よそも見てきたら」「ちゃんと会社を評価したほうがいいよ」と逆にアドバイスをして送り出したりするそうです。
 
 採用という場面も、これからの若い人を育てる機会だと考えて接している、うるるさんには社会人の温かさを感じます。

★より詳しい企業・事業情報をみたい方はこちらからどうぞ!
 http://ouenshitaikaisha.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

=========== ここまで ==========


では、学生さんからはどう見えたのでしょうか。

同行した学生さんは、相当な「会社の本音」を聞けたようです。就職活動中では聞けなかったような事実や本音。それを聞いて「好感度」が増したようです。

一緒に訪問した学生からの感想レポートが以下になります。


=========== ここから ==========

応援したい会社 インタビュー 「株式会社うるる」
大東文化大学4年 田沼恵里子

「世界に期待され、応援される企業であれ」という信念を持つ、株式会社うるる 管理部長志村貴雄さんにインタビューを行いました。インタビューの感想を下記に示します。

<社会貢献ビジネス>

「うるる」さんの主要事業である在宅ワークマッチングサービス”shufti”。このビジネスは、従来の在宅ワークのイメージを払拭し、新しい働き方の提案ともいえるものである。志村さんが、一番知ってほしい「うるる」の“良さ”も、この”shufti”である。
私が感じた一番の魅力は、場所を問わず働けることだ。地方や国外であったとしても、パソコン一つで仕事ができる。バリバリのキャリアウーマンが家庭に入ったとき、主婦もやりながら仕事もできたら、生活はもっと充実するんだろうなと感じた。
また昨年の震災時には、この労働形態を活用し、被災地への貢献も行ったそうだ。最近では生活保護問題などの影響から、国からの支援を受け、ITスキルに関する委託も請け負っているそうだ。今後はより幅の広いビジネスが期待できる。

<うそをつかない、悪いことをしない>

これは「うるる」さんのモットーの一つである。私が就職活動をしていた時に多くの会社から聞いた、小難しい表現でかえって薄っぺらく感じてしまう企業の考えとは真逆の、簡単そうではあるが真実味を感じる言葉であり、とても心に残っている。
星知也社長は、知らないことを知らないといえる社員であってほしいと仰っていたそうだ。自分を飾ることなく、わからないことを素直に聞ける環境があるのは、自ら行動出来る人を重視する「うるる」さんならではであると思う。経営者にとっても社員にとっても、いい関係を作る根本となっていると感じた。

<まとめ>

儲かるだけのものよりも、会社のアイデンティティを大切にしていると仰る志村さん。
社会貢献型のビジネスモデルであり、ベンチャースピリットを持つうるるさんは、今後もっと多くのニーズが増えるであろう。
お話する中で、志村さんから伝わる自社への愛や誇りが何よりも素敵であると感じた。

一番身近なステークホルダーである社員から愛される、うるるさんを私は応援したいと思った。

=========== ここまで ===========

田沼さんは、就職活動のなかで「うるる」さんを知ることはなかったといいます。
会社の数は数百万もあるので、そう簡単には知れない(出会えない)のは当たり前のことかもしれません。

しかし、「うるる」さんのような社会から応援される会社、同行した学生から上記レポートのように感じてもらえる会社は、もっとみんなに知られる機会があってもいいのではないかと感じました。

ちなみに、「うるる」さんは現在、一般的な新卒採用をしていません。
ただし、学生向けの勉強会やビジネスコンテストの開催を通じて、
意欲的な学生との接触の機会を多く設けています。

そこで出会う優秀な学生とは、卒業後も交流を深め、
取引先や提携先となり、会社の”財産”となっているようです。

しかしながら、このような優秀な学生が「うるる」さんに新卒で入社しないということについて
なんだか複雑な気持ちになりました。

「うるる」社のようなチャレンジングな会社が、もっと若い人たちの「成長できる場所」になっていくといいのに。

そのためにも、もっと若い人たちに、こういう会社の「本音」ベースの“良いところ”が知られるといいのに。

そうすれば、「働くことで成長したい若い人たち」のチャレンジできるフィールドが広がっていくかもしれないのに。

そうすれば、「うるる」社にもっと多様な人材が集まり、より活気づき、新しいサービスが生まれるかもしれないのに。

いろんなところに「もったいない」を感じました。

「応援したい会社」プロジェクトでは、そういうところをつなげていきたい。

1社目のこの訪問は、そんな「原点」を確認させてくれるものとなりました。

追記:そんな「うるる」さんでは、いまエンジニアインターンを募集しています。
   http://www.uluru.biz/archives/1456

うるる②


スコラ・コンサルト プロセスデザイナー 與良昌浩
スポンサーサイト

テーマ:■就職活動 - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2012/09/19(水) 17:38:08|
  2. 「応援したい会社」訪問記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ouenshitaikaisha.blog.fc2.com/tb.php/3-7df34e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。