「応援したい会社」プロジェクト

社会に必要とされる「応援したい会社」と「働くことで成長したい若者」をつなぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「応援したい会社」プロジェクトとは

「応援したい会社」が、世の中からもっともっと応援される社会に近づけたい。

■ 「なぜ、なんのために働くのか」を考え始めるキッカケづくりから

「社会への出方(就職活動のあり方)」を変えるために、ハタモク(働く目的)という活動を仲間とはじめました( http://www.hatamoku.org/ )。就職活動前の「学生」と20代後半から40代前半の現場の第一線で活躍する「社会人」とで、「何のために働くのか」を気楽に真剣に語り合う場です。3・11後に立ち上げ、2012年9月時点で50回以上開催、延べ2000名以上に参加してもらう活動に広がりました。

「会社に入ることが目的」になってしまっている現在の就職活動を、「自分らしく働くためのスタート地点づくり」に就職活動の意味を変えていきたいと思いました。そのためには、就職活動前に「働くことの意味や目的」を考え、自分なりのそれを“仮決め”しておくことが必要と考えました。

※ハタモクの生い立ちはこちらをご覧ください。( http://www.hatamoku.org/about.html )

一方で、「社会への出方」、つまり学生の意識・行動の変化だけでは足りないとも感じてきました。受け皿である企業側も変わっていく必要があると。ただ、声高に「採用のあり方を変えましょう!」と叫んでも、なかなか変わることはないのではないか…。それであれば、「新しい秩序」をつくってみようと身の程知らずにも考えました。

■ 若い人たちは、「会社選び」で困っている

ハタモクの現場で、たくさんの大学生と語り合いました。彼らには、働く意味や目的、「なぜ、何のために働くのか」という問いを考え始める「キッカケ」がないということがわかりました。

同時に、彼らは、「会社選び」でとても苦労していました。
実際、就職(や転職)で会社を探すときに見える情報に、違和感を覚えたことはありませんか。

たとえば、人気就職企業ランキング。常に中心を占めているのは知名度の高い大企業や有名企業。この情報の良し悪しは別にして、時々感じてしまうときがあります。誰のために、何の役に立っているのか?それに影響を受けてたくさんの学生がその企業に応募します。別の見方をすれば、たくさんの学生が書類選考で落とされる状態をつくっています。

次に、就職・転職サイト。お金を多く払った企業が、上に、広く掲載されるシステムです。資金力のある企業が目立つ仕組みであり、「いい会社」であっても資金力がなければ埋もれてしまいがちです。学生さんに聞いてみると、下のほうに掲載されているだけで敬遠してしまうこともあるようです。それを知ってか、「どうせうちが広告を出しても、いい学生は来ないよ…」とあきらめてしまっている中小・ベンチャー企業も多いです。

いずれも、「学生のため」というよりも、「企業のため」という、本来とは異なることに重きが置かれてしまっている気がします。

限られた企業情報の中で就職活動に悩み、働くことの意味や喜びを感じにくくなっている今の学生や若者たちに「新しい会社選びの選択肢」を提供できないものか、従来の常識にとらわれない「会社選びのモノサシ」を提示したい、という思いが芽生えてきました。


■「応援したい会社」がもっと見えるように

社会人は、若者にとって「お宝な」情報を持っています。

社会人は、働き始めてからたくさんの会社に出会います。社会人は、働くなかで、一般の人には知られていない多くの会社と接し、「この会社いいな」「もっと成長してほしいな」「こういう会社が増えるといいな」「応援したいな」と感じる会社にも出会います。そういう生情報を持っていますが、どこにも役立てられていません。限られた情報で会社選びに苦労している人たちにとっては「お宝情報」になるはずで、一方では、若い力を必要とする企業は無数にあるのに、もったいない話です。

そんな社会人が「いいな」と思う会社を、「応援したい会社」と名付けてみました。

そして、そんな社会人がもつ埋もれた会社の情報を具体的にできるだけたくさん集めてみようという試みが「応援したい会社」プロジェクトです。

応援したい会社


■「応援したい会社」プロジェクトで実現したいこと

以上のような背景から、「応援したい会社」プロジェクトとして、以下の3つのミッションを仮決めしました。

①「応援したい会社」の情報をもっと「見える化」していく

②「応援したい会社」と「働くことで成長したい若者」をつなぐ

③「応援したい会社」が、もっと世の中から応援される状態をつくる
 (そのためのプラットフォームをつくる)


これらをコツコツと実践し、企業観、労働観、仕事観の変革を促進していきたいと思います。


「応援したい会社」プロジェクト発起人:與良昌浩(よらまさひろ)
                   スコラ・コンサルト プロセスデザイナー

スコラ・コンサルトのご紹介

■ソーシャルビジネスとしての組織風土改革
もとよりスコラ・コンサルトは、80年代に「大企業病」という社会問題を対話型の組織風土改革によって解決しようと考え、手探りでビジネスを始めた社会起業家のはしりといえる会社です。
長年にわたって多くの企業、自治体や公共機関などのお手伝いをする一方で、一緒に「いい会社」をめざす企業・組織とのつながりもでき、産学や組織・業界・分野の垣根を超えてさまざまな課題を話し合 う人たちとのネットワークが広がっています。

http://www.scholar.co.jp/
スポンサーサイト
  1. 2012/09/17(月) 07:18:49|
  2. 「応援したい会社」について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/03/18(月) 21:44:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ouenshitaikaisha.blog.fc2.com/tb.php/1-cb5b517a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。